生きていると、明らかにこれは近い将来壊れてしまうだろうな、という物事に出会うことがあります。

そんな時、

「どうにか回避しようとする」「見て見ぬふりをする」「自力で対応する」「誰かと協力して解決する」「今はどうしようもない」

選択肢はたくさん出てきます。

今回、このプロジェクトはFusion 360を使って今はどうしようもないから誰かと協力し解決した事例を紹介したいと思います。

私は電動車イスで生活をしています。
起きている間(朝起きて、夜寝るまで)この相棒と共に楽しい時もそうでない時も過ごします。
自分に合ったようにカスタマイズをするので世界に一台の車イスになっています。
車イスユーザーであればほとんどの人がカスタマイズをやっていると思います。
しかし世界に一つ…だからこそ、不具合があれば代替品がなく、到着して修理してもらうまでは不便な生活を余儀なくされます。

CAD界の神:足立正さんと、CADの初心者:藤川千尋(twitterアカウント名:レタス)が1年間に渡り取り組んだ「電動車イスのコントローラー防水カバーを作るプロジェクト」題してレタスプロジェクトが遂に完走いたしました。

そのすべてを、このサイトに詰め込んだのでお時間がある時にご一読いただき、何かのきっかけになればと思っています。

足立 正
CAD界のレジェンド
藤川 千尋
突如3Dの世界に迷い込んだ人

スキルの格差、遠隔といくつかの壁を
Fusion 360と根性で一体どこまで実現できるのか
前人未到のプロジェクト

Lettuce project
レタスプロジェクト
いざ、挑戦!

Project members

足立 正

R&Dを生業とするフリーランス技術者。
元家電メーカー勤務。3D-CAD/CAM、CAE、CNCマシン、3Dプリンタ、モノづくり界隈全般。

藤川 千尋

CAD初心者にして、地元お祭りの太鼓台をFusion 360で作成。
独学で学んだ作品。
今回このプロジェクトを通して基礎に触れることができました。

モノづくりが、
未来を変える!

あとがきへ