逆刃刀製作過程編 – 柄 –

逆刃刀の製作方法を投稿しています
第三弾は「柄」

柄の部分も刃を作ることに比べたら全然簡単に作れました
ただ細かい作業が待っていたので
刃の切っ先を作ってゴールが見えた!という現実が
少し遠ざかったゾーンでもありました

【01】
こちらも刃や茎(なかご)と同じ流れになります
柄の長さをこの時点である程度決めました
スタートは今度は鍔のところからです

01

【02】
これもパスに沿った平面で断面をスケッチします
しなやかな曲線ができなかったので2つに分けることにしました

02

【03】
断面をロフトで繋ぎフィレットをかけるとなんとなく柄の形になりました

03

【04】
ここからですよ
柄の部分、紐で巻いていますね
柄巻(つかまき)というらしいのですがそれを作っていきます

ここはフォームの登場
パイプコマンドで地道に作っていきます

04

そしてひし形で抜きます

05

【05】
これをひたすら繰り返していきます

06
07

【06】
柄巻の端っこもなんとなく表現してみました
(この辺もう少し巻かれている感出してみたいですねー
 リベンジなるか?!)

08

柄の完成です!

次回、鞘の製作方法を公開予定です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください