01

Fusion 360でお札立てを作成

みなさん、ごきげんよう。

気付けばお盆も終わり、残暑厳しいですが風が秋らしく変わってきましたね。

さて、今回は【お部屋になじむお札立て】をFusion 360で作成しました!
Fusion 360で設計をして、飾りはレーザー加工です。
もちろん、素材は香川県産ヒノキでございます。

02
完成の図。

01
お札(ダミー)を入れるとこんな感じです。
お家時間が増えたことにより完全に引きこもり生活にシフトしてしまいましたが、同じ空間にいるならより居心地の良い空間の構築をコンセプトに地味にお部屋を改良しています。
セッティングすると、イイ感じに生活空間になじみました。(みんな、遊びに来てね☆)

04_02
試行錯誤しながら、相談しながら試作2回で完成しました。
今回は、L字型部分のところ(画像の丸がついている部分)の強度が弱くなりがちなので、溝を付けて背面の板を差し込むことで強度と安定感を増しました。

05
アップにするとこんな感じです。

・お札が立つこと
・地震が来ても倒れない事(安定感)
・お部屋になじむこと

を軸に作成しました。

03
飾り部分がこんな感じ。
【和】にしたかったので、水引のデザインにしました。
結構細部まで加工されていて感動です!

制作秘話(秘話というほどでもない)は履歴機能を駆使し、モデリング時間が細切れになってもいいように、また後々改良しやすいように工夫しながらモデリングをしました。
履歴をある程度分かりやすくしておくことにより、途中作業期間が空いてしまってもすぐに戻れるようになりました。

今回だと、
・お札を計測し、ダミーのお札データを作成
・それを軸に各パーツごとにコンポーネントを作成し独立する
というところがポイントです。
こうすると、お札のサイズが変わっても恐らく一瞬でサイズ変更ができる!(はず!)

06
ちなみに、これはレンダリング画像。

きっと、これでお札も全力で力を発揮してくれること間違いなし☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください