01_2019-Jul-12_02-25-20AM-000_CustomizedView7657137756_png

Fusion360押し出しコンペ2~種明かし編~

本日、2019.07.15〆切を迎えます、押し出しコンペ2!

先日私が提出した「海ノ月ノ世界 – kaleidoscope -」の作品で、どうなっているの?というお声をいただきましたので、やり方を紹介します!

分かりやすいように、下記照明テストで使用した画像で解説します。
01_2019-Jul-12_02-25-20AM-000_CustomizedView7657137756_png

万華鏡を思い出してください。

押し出しコンペなので、もちろんスケッチ、押し出し、コピー・移動コマンドのみの仕様になります。
今回は5つの違いを見たかったので、下記のようにリングを5個作成します。
いわゆる、これが万華鏡の中身になる部分です。
02.スケッチと押し出し

鏡に反射をして、大して広くない世界観を大きな世界へと夢見させてくれます。
その「鏡」を作ります。
03.壁を作成

厚みを持たせたいので、こんな感じに。
04.横の壁は厚みを持たす

下記のように適当なところまで押し出します。
万華鏡は、この作りでよいのですが、この場合四方八方閉じてしまいます。
横の壁に加え、天井と底になる部分を適当に押し出します。
05.四方八方を囲む マテリアルは鏡

すると、、!
囲まれて見えないじゃないか!と思われる方がいらっしゃると思います。
レンダリングに切り替えます。
下記のようになります。
06.レンダリングに切り替えて

そして、勇気をもって壁を突き抜けてください!えいっ!
すると、箱の中に入ることができました。
07.中に入る

お好みの位置で、レンダリングしてください。
下記のようなのが完成します♪
08.レンダリング完了

実態があるのは、この画像で言うとこの3つというところで、後は鏡に映った、幻です。
09.実態

これを応用したのが、コンペに提出した画像になります。

次回、作品のこだわり部分などを紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください