001

Fusion 360 Meetup Vol.15 in 永田町 ちょうさの発表とFusion360ユーザーカードの公開

meetupから約一か月が経過しようとしています。
ごきげんよう。

どこから書けばいいのか、盛りだくさんでした^^

今回、私の場合、Fusion360の作品のお話はもちろん、いつもと違っていました。
それはエヴァンジェリスト藤村さんと秘密裏に進めていたアレの公開発表もこの日同時に行われるということ、そして登壇者枠でモデリングバトルに参加させていただけるとのこと、そして何より有名な方々にお会いできること。
そして、いつか参加したいと思っていた東京のmeetupに参加することができました!

会場に向かう前からすでにtwitterのタイムラインでは、ピザがないからピザ持参、ピザないからモデリングバトルのお題でピザが出るんじゃないかと様々な憶測が飛び交っており皆さんのテンションの高さが伺えます。

会場に着くなり、その日登壇される方に話しかけられたり、初めてmeetupに参加してCADのあれこれを教えてくださった師匠に再会できたりとあっという間に開始時間に。

カレイドサイクルのお話、車のデザインされている方のお話、事務職の方がFusion360使ってこんな事に活かしてますっていうお話を聞くことができました。
Fusion360のソフト一つでも十人十色とはまさにこのこと。
凄いなぁと思いながら話を聞いていると、あっという間に私のお時間になりまして。

ちょうさの発表をいつもより、ギュッと濃縮。
しかし、龍のところはしっかりと見ていただきたかったので、その尺は変えずw
動画からの龍への切り替わりのタイミングの反応が心地よい。
あの日、あの夏、最後まであきらめずに龍を完成して良かった、と思える瞬間です。(ニタリ)

そして、今回のメインは、「アレの公開!」
” ア レ ” とは、
「サイト内にある12項目をチェックし数値化した
 Fusion 360パワーを表したカードを作りだし、
 そのカードにはFusion 360の習熟度、得意不得意、コミュニティ力、MAKE力などが一目瞭然でわかる」
サイトを作成させていただきました!

Fusion360ユーザーカードはこちら!
https://fusion360power.com/
001

ちなみに、私のカードがこちら。
伸びしろしかないので、今後が楽しみでならないですw
002

こうして、レーダーチャートで見える化すると、弱点がわかってきますね。
後、やったことない分野がどれくらいあるのか、どんなことがやれるのかも初心者には分かりやすいです。
CAMとかは触ったことないので、いつか・・機会があれば・・と。

発端は、エヴァンジェリストさんの「Fusion360のカードが作りたいんだよね!!」と目をキラキラさせながら話していたのがすべての始まり。
カード?
バトル?
集める?
トレード?
何々??
と凄く興味津々。
聞くと、こういうサイトのようで、web屋の私だったら実現できるかもしれない!と、そこからスタートしました。

要望をまとめて投げてもらって、要望の軸がぶれないようにだけ気を付けて後は自由にやらせてもらいました。
とにかく見やすく使いやすく、そして何よりユーザーの皆さんが楽しくカードを作ってもらえる姿を想像して作らせてもらいましたが、これがなかなかのプレッシャーと楽しみとのなんとも言えない感情に包まれながらの制作の日々。
今回は、自分も一ユーザーなので比較的サイトユーザー目線に近い状態で作ることができたのが、すごく良かったです。
後、完成して自分のカードができたとき、また印刷して業者から送ってこられた時は、想像以上にテンションが上がりましたw

ある程度作成したところで、確認してもらったところ、最終詰めに行く!ということで、香川でお打ち合わせとなりました。
ええ、この日は今年一番の寒波が香川県を襲っておりまして、何かと色々連れてこられますが今回も無事お越しいただくことができました^^

やっぱりFusion360なので最高点は360というのは即決w
それをMAXにして、配点を考えたり、次にどう呼ぶか。
360点?360ポイント?360・・・、
「あなたのFusion360点は?」
「あなたのfusion360ユニットは?」
「あなたのFusion360パワーは?」
と、疑似会話をしながら最終的に「パワー」に落ち着きました。

後は、レベルをどう表現するか、も色々と話し合いました。
段でいく?名人とかでいく?この際わかり安く両方!
じゃぁ、名人と達人はどちらが上?などなど、議論は続く、どこまでも♪”
level

URLも分かりやすい、かつ見栄えのバランスを良く。
いくつか候補がありましたが’360’を中心に左右に単語があるのが奇麗!という多数決によって、
https://fusion360power.com」になりました。

と、様々なところに今回こだわりがありますが、カードサイズもこだわりました。
カードサイズは、通常のサイズではなく遊〇王カードサイズ。
やっぱり実物を見て、研究するのが一番。
しかし、ワタクシカードを持っていなかったので、近くのカード屋さんにドキドキしながら入ってカード一枚購入したあの日w
いやぁ、ドキドキしました。
そして、カードの文字サイズなど研究してました。

サイトで言うと、最近アニメーションが流行っているということで邪魔にならない程度に仕込んだり楽しく制作をさせていただきました。
こんなに楽しくサイトを作成したのは初めてですw

そんなこんなで、無事完成。
後は、当日を待つのみ。

web屋をやっていて、公開作業は数知れずサーバに入ってファイルアップしてと散散行ってまいりましたが、ユーザーさんを目の前に公開発表は初めてでした。
それだけに、みんなが使ってくれなかったどうしよう、わかりづらかったらどうしようと色々思っておりましたが、
1000PV近くまでPV数がありました。
しかも、世界中からアクセスされていてとても嬉しかったです♪
公開後もTLで皆さんのカードが流れてきたり、活用してくれそうな話題もちらほら伺えてとても嬉しい、いや言葉にならない達成感と本当にこれで公開でいいのか?!見落としはないか、と両手放しに喜べないこれもまた複雑な心境。笑

これからも、このサイトを活用してもらえると嬉しいです^^
そして、ご依頼いただきましたエヴァンジェリスト藤村さん、ご協力いただきましたシステム屋のY氏、その他の皆さま、ありがとうございました^0^/

発表も終わってやれやれ。
次はモデリングバトル。
自分が参加することを忘れるくらい、楽しい時間が過ぎていったのですが、初めてのモデリングバトルのお時間がやってまいりました。
人前でモデリングはなかなかてんぱりますが、昨年少しの間講師をさせていただいておりましたので、その辺は大丈夫でした。
が、何がってお題がハチャメチャなんですって!!

私が出場した準決勝D組の課題がこちら
「コピーしていない3ボディ以上で怪獣のような土偶を作成、レンダリングまでしなさい」

”コピーしていない3ボディ以上で”までは、わかります。ええ、わかりますとも。
その後の”怪獣のような土偶”
・・・はい?
怪獣のような、何 て お っ し ゃ い ま し た ?
え?土偶?・・・頭に浮かんだのはおそらくハニワw
土偶って何‥?
土偶は検索したのを見てわかったけど、怪獣を始まる直前まで恐竜と勘違いしていたので、スタートと同時に、「あ、これ恐竜・・・」じゃ、怪獣って何?
という始まる前から謎の悲壮感w
なかなか楽しかったですwww
リベンジありましたら参加したいですが、これはやっぱり見ているほうが面白いですね♪

そんなこんなで、meetup無事終了。
終了後は、会いたかったあの人やこの人、レンダリングの小技など聞きたい事をいろんな人に聞けました。
今後のモデリングに活かしたいと思います。
そして、秘密裏に始まったプロジェクトを最後まで完走したいと思います。
お楽しみに~^^

001
決勝戦進出者を前にみんなでピース!

IMG_0852
meetupの醍醐味w

当日の様子と、Fusion360ユーザーカードの紹介記事はこちら

◆Fusion 360 Meetup Vol.15 レポート!
https://fusion360.3dworks.co.jp/2019/02/22/meetup-report/

◆あなたの実力が可視化できる!Fusion 360ユーザーカードを作ってみよう!
https://fusion360.3dworks.co.jp/2019/02/19/fusion360_usercard/

◆sennokanmuri
https://sennokanmuri.com/2019/02/19/fusion360-meetup-vol15/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です