【B-T】DIQ2017 in 高崎アリーナ

tksk1

ついに、BUCK-TICKさんの地元群馬に行ってきました!
半年前に、さらっと聞いてみようと思ったのがすべての始まり。
そこからB-T沼まっしぐらです。
世界観が奥深いのに、わかりやすい。
なんとうバンドなんでしょう。

ツアーエントリーの時は「ふ~ん。地元愛してるんだなぁ。」ってくらいだったので、高崎アリーナの横断幕見てもいまいちピンときてなくて。
(手の届かない場所といいますか)

それがそれが。
なんとまぁ、追加席が出て、心揺れる揺れる。

なぜか・・?
LUNA SEAさんが12/23,24さいたまスーパーアリーナでライブ。
それにもともと行く予定だったので、体は埼玉にいる。
香川から群馬は遠いけど、埼玉からだと近いよなーとふと思った。
と、同時に去年友人が群馬からたまアリに来たのを思い出し、高崎の位置を調べたら、余裕・・?!

余裕とわかれば後は、心を決め、チケット入手するのみです。
ということで、あれよあれよと高崎行きのチケットをゲット。
在来線で行くか新幹線で行くか。
友人が雪降ることも考慮したらとアドバイスいただき、新幹線に。

せっかくなので聖地巡りをしようと思いそちらも調べる。
今井商店さん、群馬藤岡駅より近いけど何せ一時間に一本の電車。
悪天候だったら・・?周りに何もなさそうなので一時間時間をつぶせるのか・・?
友人に相談したら「あんた寒くて死ぬよ?群馬の風なめてる・・?」とのことで、タクシーのご手配をしていただきました。
電動車椅子が乗れる介護タクシーが見つかるかどうか…。
料金の問題もあるけど、せっかく行く旅行ではケチりたくはなくて。
探しに探してもらった結果、結(yui)ケアタクシーさんという介護タクシー会社を見つけてくれてそこに決めさせてもらいました^^

お天気は、晴天!
寒さを覚悟していったからか、日ごろの行いが良いのか、寒さで死にそうにはなりませんでしたw
tksk2
MAXときという車両で、高崎へゴー。

だんだん景色が、地元に似すぎてきて笑えてきました。
山々が高い。
知らない土地に行くのはわくわくしますね^^

tksk3

ついに到着です。
こんにちは、群馬県。
こんにちは、高崎市。
駅でお迎えのタクシーに乗車☆
おっと、その前に高崎駅で一瞬だけ落ち合って今井パパへのお土産を友人から受け取りました!
大事なお土産を持って、いざ今井商店さんへ。

道中、群馬の土地なんかを運転手さんからお話いただきました。
赤城おろしが吹いて寒かったり、山の上に観音様がいたり(県民ショーで見た記憶あり)、雪は降らないけどとにかく風がすごいそうです。

ついに到着。
BUCK-TICK聖地【今井商店】
tksk4_

ここからすべてが始まったのですね、と思うと胸いっぱい。
お店に入ると、昔懐かしいお店でした。
近所にたばこやさんがあったんだけど、規模も同じでなんだか地元に帰ってきたような感覚に。

今井パパさんとご対面!
似てらっしゃる!
店内には昔のお写真がずらり。B-Tミニミュージアム。
少しお話をして、お写真一緒に撮ってもらいました。

tksk5

中じゃあれだからと、外の看板があるところに誘導してくださいました。^^
気さくで優しいお父様でした。

九州とかは行ったことあるけど、四国にはいったことがないそうで、是非とも来てくださいと四国をPRしてきました。
「鉄の塊が空を飛ぶなんて想像できない。小さいころからね」って、これ、同じこと言ってますね。笑

群馬地元でライブがあるときは、お母様がライブに行って、お父様は店番するそうです。
お父様は武道館のライブに行くっていってました^^

息子の一番のファンなんだろうなぁとほっこりしながらお話させてもらいました。
ありがとうございました^^
「寒いから本当に気を付けてね。朝晩は特に」と気遣ってくださいました。
お父様こそ寒くなりますが、お元気でいてくださいね、とお別れしました。

お天気も良かったので、群馬藤岡駅まで歩いて散策。
tksk6

おおう。
ここも、地元によく似ているこじんまりとした駅。ほんとに歩いて数分。
電車の到着時間だったのか、15名?くらいのおさかなさん達が駅から出てきて、同じように駅を写真に納めて今井商店さんの方へと向かってらっしゃいました。

その後、藤岡高校跡地も散策してきました。
tksk7

今は違う用途で活用されているみたいです。
校章がありました(たぶんあれ、校章。)
ここにみんな通ってたのかー。
時代は違えど同じ場所に立つことができ、少しだけ歴史に触れることができました。

さぁ、開場時間です。
高崎アリーナに向かいます。
会場内にだるまさんが。
お元気そうでなによりでした。
裏側にサインがあるというのを見たので、どれどれ…!
お!作者さんのサインが。
tkst10

ライブなどの感想は、ネット上でどうぞ^^
boy事件ということだけ、爪痕を残しておきます。笑

tksk9

tksk8

全体をとることはできませんでしたが、雰囲気だけでも。

地元だと、MCの雰囲気も全然違いますね。
和み度合いなど。
ライブはじめはあっちゃん、ちょっと緊張してたのかな。
小さな動きが少なかったように思ったり。
でも、初めからステージの端から端まで歩いてPARADEされてました。

一番後ろから拝見いたしましたステージは、全貌が見ることができ、私のDIQ2017は幕を下ろしました。

愛の葬列のスークが魔界への絶界かと思うほどよく炊かれており、よかったです。
アリーナ1ブロックは完全に魔界行ってましたね。笑

高崎アリーナ、一生忘れることのないライブになりました。

機会があれば、また行ってみたい街でした。
とにかく人が暖かかったです。
そして、BUCK-TICKさんは地元の人に愛されているバンドというのが肌で感じることができました。

バンドを知ることにより、たくさんの人と出会えそして縁もゆかりもないと思っていた土地に行くこともできました。
素敵なご縁をありがとう。

春からの過酷なツアー、日程は過酷ですが季節が良いのでいろいろと会場付近を散策していけたら、と思います^^

BUCK-TICKメンバーはもちろん、おさかなさん達も体力づくり、諭吉に号令と(笑)春に備えましょう!!

本日DIQ2017ラスト!
素敵なステージになりますように^^

◆specialthanx!

 ・結(yui)ケアタクシーさん:https://www.yui-caretaxi.com/
 事前打ち合わせから、移動先の下見までとても丁寧にご対応いただけました。
 運転手の五十嵐様もとても優しい方で、群馬のお話もしてくださいました。
 ありがとうございました。

・今井商店さん
 今井パパさん、ご対応ありがとうございました。

・友人たち
 群馬に関して無知な私にいろいろアドバイスいただき、ありがとう!
 そして、タクシー会社など見つけてくれてありがとうございました!

・ママン
 出発2週間前に行き先を変えてごめんなさい(笑)
 そして、ありがとう!

たくさんの人に、支えられながら高崎アリーナへ行くことができました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です